Skip to content

他人の力を借りての引きこもり支援

辛いこともあるけれど、幸せなことも沢山ある人生ですが、上手くいかずに悩んでしまって、家にこもりっきりになる方がいますが、素敵な人生だと思うことが出来るようになるには、他人の力があってこそです。人間1人では生きてはいけません。大笑いすることは出来ません。幸せになることは出来ません。家族とばかりしか接することがなくなってしまうと、他人からの刺激のないつまらないものとなってしまいます。他人の力を借りて引きこもり支援を行いましょう。家族だとどうしても甘えてしまったり、ついついお互いにイライラしてしまってきつい言葉を使ってしまうなど、悪循環に陥ることがありますが、他人の力を借りて引きこもり支援を行うことで、今までとは違った刺激や情報が入ってきたり、他人ということもあって、家族の言葉よりも耳を傾ける傾向があります。支援制度を利用するのもいいでしょう。または、まったくの赤の他人ではなく、親戚などに頼ってみるのもいいでしょう。学生であれば、学校の先生や同級生などに来てもらい言葉掛けを行ってもらうと、1人じゃないことに気づくことが出来、外に出ようとする気持ちを奮い立たせることが出来ます。家族だけでは狭い世界になってしまいがちですが、引きこもり支援を頼んで広い世界に目を向けることが出来るように誘導していきましょう。引きこもっている本人も辛いでしょうが、ご家族も大変です。周りの人の手を借りることも時には大切です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です