Skip to content

優等生程引きこもりになる今、相談はプロに

引きこもりになる若者は根性が不足している、本人の資質が低いのでニート化する、こういった言説が昨今では、世の中にあふれています。若者の根性や意欲、本人の資質が不足していれば、確かに仕事や学業の成績は伸び悩みます。しかし、成績が落ちる事と引きこもりになる事の間には明確な因果関係はありません。そして、近年増加していると言われる若い社会人や大学生の引きこもりですが、実際にそういった問題を抱える男女は、いわゆる普通の若者よりも真面目で学業の成績に優れている傾向が強いです。文武両道で優等生、性格は真面目で優しい男女の方がむしろニート化しやすい、それが現代社会の歪な構造です。有能な男女程、学校や職場では他の人々の妬みを買いやすく、いじめやハラスメントの対象になりがちです。人間関係のトラブルから引きこもりになってしまう若者が近年増加しており、家族はその対応に追われています。一度長期間、学校や職場を離れてしまうと社会復帰が困難になります。可能であれば本人が自ら勇気を出して、カウンセラーに相談するのが一番です。心療内科のカウンセラーなら誰の悩みにでも相談に応じてくれます。メンタルケアのスタッフには、厳格な守秘義務が課せられています。職場でのイジメや学校で受けたハラスメント行為なども、赤裸々に引きこもり相談する事が出来ます。身近な家族には相談出来ない事も、言わば第三者である専門家相手なら気軽にカミングアウト出来ますし、医療の観点から実践的な助言が受け取れます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です