Skip to content

引きこもり支援の対策の必要性

日本が経済成長する上では労働力の確保に努める必要があり、その労働力を海外に頼っているのが現状としてあります。例えば介護の分野、飲食店、工場の製造現場などの面で海外の人の活躍が目立ち、そういった業界では人手不足が深刻となり海外の労働力に頼るという現状が見られます。実は労働力の確保に努める上では引きこもり支援を行うことで、今まで引きこもっていた人が働く環境が整えば、労働の戦力として期待できる可能性があります。将来的な日本の経済の発展においては、埋もれた人材を効果的に用いていく環境の整備が必須で、引きこもり支援も重要なポイントとなるのも事実です。引きこもりの原因は、一度社会に出て働いた方が挫折を感じてなるケースも多く見られ、例えば労働環境の過酷なブラック企業などに勤めたことによりなるケースや思う様に就業が出来なかったケースでなる場合も多いです。引きこもり支援のポイントは、まずは一人でできる作業を根本からスタートして、徐々に人との共同作業をする形でリハビリを行うことが重要です。引きこもり支援を行えば、人手不足の現場に人材が帰ってくることとなりますので、それにより日本の生産力アップに期待が持てます。政府や自治体も引きこもりの埋もれた人材に対する支援の重要性を認識しており、その対策に打って出るケースも増えています。ただ若者をターゲットにしている点が多いのが現実で、今後は引きこもり年齢の高齢化も視野に入れて、そういった高齢化向けの引きこもり支援対策を行っていくことが課題となります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です