Skip to content

引きこもりのことを誰かに相談しましょう

大人の引きこもりが増加しています。きっかけは小さなことかもしれません。職場で陰口を言われたり、仕事でミスをしてしまうこともあります。学校は行けたけれど、職場ではうまくいかないと考える人もいるのです。小さな積み重ねがあり、嫌なことが我慢出来なくなる人もいます。そんな時、職場を辞めて家に引きこもりになるケースが多いです。初めは転職活動をしようと考えていたけれど、以前のトラウマが消えないと悩む人もいます。引きこもりが長期間になると、本人も家から出たくなくなります。早めに誰かに相談しましょう。精神が病んでいる時には、まずは精神科などで行くと良いです。心が疲れているだけではなくて、体も疲れている可能性があります。その状況で外に出ようとすると、すぐに疲れてしまうのです。自分だけで考えていると、悪い考えになってしまいます。もう一度、外へ踏み出す為には、勇気が必要です。全国で、引きこもり相談窓口があります。会って話すことが難しい人もいるので、電話で相談してみても良いかもしれません。引きこもりの状態が長引いてしまうと、本当に家から出られなくなります。たった一度の人生で、楽しめなくなることは損です。良い人もいるので、心優しい人に会いに行きましょう。一歩踏み出せば、人生は明るくなります。悪いことばかり考えて暗い顔をしていたら、良いことはありません。自分から笑顔になって、勇気を出しましょう。必ず良い人生になります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です